税金にお悩みのサラリーマン必見!給与所得者でもできる節税方法を徹底解説!

サラリーマンなら確認必須!会社員にもできる節税の方法紹介

サラリーマンの必要経費!給与所得控除

実は給与所得者にも、必要経費は認められています。
それが給与所得控除です。
実際に得られた給与の総額から給与所得控除額を引いたものが給与所得額となり、この額に課税されます。
給与所得控除額は、一年の給与の総額に応じて変化します。

また2013年からは特定支出控除の制度が変更されました。
特定支出控除とは、仕事のための通勤、引越し、単身赴任などの費用です。
それらが給与所得控除額の2分の1を超えたとき、超過分を給与所得控除に加算できるようになりました。

また職務に必要な資格の取得費、電子書籍含む書籍費、スーツなど職務の衣服費、仕事の関係者の交際費や接待費も勤務必要経費として認められるようになりました。
ただし勤務必要経費の上限は年間65万円であり、これらの経費は、会社からの証明が必要になります。
また特定支出控除額として適用されるには、当人が確定申告をしなければならないので注意してください。

家族がいれば税金が下がる扶養控除とは

生計を立てる収入を得ている人に、まだ学生の子供や、老いて仕事をやめた両親など、働いていない家族がいる場合、扶養親族として扶養控除の対象になることはよく知られています。

扶養親族とは、その年の年末時点で16歳以上の、世帯主の配偶者(妻または夫)以外の親族、つまり6親等内の血族か3親等内の姻族。
また法による規定での里子などにあたる人物で、世帯主と生計を共にしている。
事業専従者に該当せず、一年間の所得合計が38万円を下回るという条件の人物になります。

世帯主に、上記の条件に当てはまる扶養親族がいる場合、通常の扶養親族なら38万円。
特定扶養親族に当たる19歳から23歳未満の家族であれば63万円。
そして70歳以上の家族は老人扶養親族になり、同居しているなら58万円、同居していない場合は48万円が控除の対象になります。


この記事をシェアする