サラリーマンでもできる節税対策はあるの?

税金にお悩みのサラリーマン必見!給与所得者でもできる節税方法を徹底解説!

サラリーマンに認められる必要経費の種類と扶養家族の範囲は?

毎年、2月から3月にかけては確定申告の季節です。
確定申告といえば、自営業などの個人事業主が毎年頭を悩ませる、何かと面倒な作業になります。

ただ一方で、個人事業主の確定申告には、納めすぎた税金が還付金として返ってくる場合もあるといった利点もあります。
小説家などが、買い集めた書籍などの費用を、すべて必要経費に計上しているという話もよく聞きます。

給与所得者、いわゆる会社勤めのサラリーマンに確定申告の面倒はありません。
反面、いろいろな費用を必要経費に計上して節税できるという点では、自営業者をうらやましく思うこともあるでしょう。
いずれにせよ、給与から源泉徴収されているサラリーマンにとって、節税など関係ない話だと思っていないでしょうか。
しかし実は、サラリーマンにも多くの節税方法があるのです。

よく知られているのは扶養控除ですが、他にも医療費や生命保険料、住宅ローンなどにも控除があります。
また近年ではサラリーマンの必要経費の範囲が拡大され、必要な資格を取るための費用や書籍代なども経費に計上できるようになっています。
他にも、株取引で損失が出たときや、災害や盗難などで思わぬ損害を受けたなど、意外なことが節税につながることもあります。

ここではそんな、サラリーマンでもできる節税対策について詳しく紹介します。
税金の仕組みを学んで、納税の義務はしっかり守りつつ、納める必要のない額はきちんと還付してもらう。
それが賢いサラリーマンの生活術なのです。